サイフォン

気圧の差によって湯を移動する仕組みを持った、コーヒーを抽出するための器具です。
1度目の移動には水の蒸気圧による加圧が用いられ、2度目の移動には気体の冷却収縮による減圧が用いられます。
19世紀のヨーロッパで発明されたものであり、日本には大正時代に「コーヒーサイフォン」として紹介され、
その後、「サイフォン」という略称で呼ばれています。


サビ病

雨季に多発するコーヒーの葉の病気です。
葉孔に付着し、菌根をのばして斑点を広げます。
伝染率は高く、かつてセイロン(現スリランカ)やインドネシアのアラビカ種が全滅し、耐病性のあるロブスタ種が
普及するきっかけとなりました。


酸素系漂白

塩素系ではなく、酸素系の漂白剤を使う方が環境と人体にやさしいといわれています。
酸素漂白と言っても、漂白過程の中で少しは塩素系薬品を使ってはいます。
全く塩素系の薬品を使わないものは、完全酸素系漂白といいます。


シェードツリー

コーヒーの樹を直射日光から守るため、コーヒーの樹間に植える木で、
一般にはバナナやマンゴーが使われます。
かつては、コーヒーが霜や病中害でダメージを受けた際のリスクヘッジとしても利用されました。


霜害

降霜によって起こるコーヒーの被害です。
1975~1976年、ブラジル・パラナ州における50年ぶりの大降霜では9億1500万本のコーヒー樹が全滅しました。


ジャパン バリスタ チャンピオンシップ(JBC)

コーヒーの競技会として2002年より日本スペシャルティコーヒー協会主催にて開催されてきました。
競技は「エスプレッソ」を通じた評価が基本となり、決められた制限時間の中で3種類のドリンクを提供します。
まず「エスプレッソ」、そして「カプチーノ」、最後に「シグネチャービバレッジ」と呼ばれる創作ドリンクを提供し、
味覚評価だけでなく、その過程を含めて提供するまでの全ての作業内容の適切性、正確性、一貫性などを評価します。
競技会のルールはバリスタチャンピオンシップの世界大会である「World Barista Championship(WBC)」に則り決められており、JBCの優勝者は、WBCへ日本代表として参加しております。


シングルエステート

摘んだチェリーの水洗加工場を意味し、一般的にはウェットミルを意味します。
比較的小規模の場合は、ステーションと呼ばれ、ケニアなどではファクトリーと呼ばれます。


スウィートネス

スウィートネスは、フレーバーの豊かな感覚と、はっきりとした甘みを指し、
その知覚は特定の炭水化物の存在の起因します。
カッピングにおけるスウィートネスの反対語は「すっぱい」「収斂性」「青っぽい」といったフレーバーです。


スクリーン

生豆を大きさによって分類する際に使う、穴の開いたふるいのことです。
穴の大きさの単位は64分の1インチで、スクリーン18なら豆の短径が64分の18以上の豆が残り、
スクリーン17以下の豆がふるい落とされることになります。
スクリーンナンバーは大きいほど大粒になります。


スチームノズル

カフェラテやカプチーノ用のミルクフォームを作るための道具です。
先端ノズルから高圧蒸気がでて、ミルクを一気に温め、泡立てます。