ラテアート

バリスタによりエスプレッソを基本とする飲み物の上で作られたデザインをいいます。
こうしたデザインは通常1・2種類の方法で作られ、時にそれらの組み合わせが用いられる場合もあります。
第1の方法は、水差し(ミルク・ピッチャー)から出るミルクの流れを操ってエスプレッソに入れるものです。
(フリープア (free pour) ・ラテ・アートとして知られる)
このフリープアによる一般的なデザインには、バラ飾りや葉、ハートの絵が含まれます。
第2の方法は、温度計(表示盤とは反対側の針先端部分)や型版やパウダー、ミルクの泡など、
他の用具を使用して作るラテ・アートです(こちらは「エッチング」として知られます)。


リストレット

エスプレッソで15mlまで淹れたものをリストレット(ristretto、「濃縮された」の意味)と呼びます。
イタリア語で狭い、短いという意味です。


リベリカ種

コーヒー三大原種の一つです。西アフリカ・リベリアの原種で、果実はアラビカ、ロブスタよりも大きく、
低産地で、環境適応性も高い。
病虫害にも強く、苦味が強いのが特徴ですが、現在は西アフリカの一部の国だけで生産されています。


ルンゴ

エスプレッソで、少なめ(濃いめ)に抽出するのをリストレットといいますが、
逆に多め(薄めに)に抽出するのをルンゴといいます。
イタリア語で長いという意味です。


ロースター

コーヒーを生豆の状態で仕入れ、焙煎して、卸売りまたは小売りをする業者のことをいいます。
(例:キーコーヒーや上島珈琲 (UCC) のような大規模なものから、街中にある家族経営のものまであります。)


ロースト8段階

日本では主にライト~イタリアンまでの8段階の焙煎度が使われています。


ロブスタ種

アフリカはロンゴ原産の原種です。
アラビカ種に比べ、病中害(特にサビ病)に強く、環境適応性が高いため、低地栽培もできます。
特有のロブ臭(焦げた麦のような臭い)がするため、ストレートでは飲めませんが、
液量が取れ、価格も安い(アラビカ種の3分の1~2分の1)ため、缶コーヒーや
インスタントコーヒーに多く用いられています。


ロングベリー

コーヒーでは、種子の形状が細長いものを指します。
ブルボン系は丸みがあり、ティピカ種の方が細長いです。
反対に、丸く小さな種子を、ショートベリーと呼びます。