生豆

コーヒーチェリーを精製加工し、商品として通用するようにしたコーヒーの種子です。
「なままめ」か「きまめ」かという議論がありますが、
きまめの「き」は生そば(本来は十割そばのこと)などの「き」で純粋で混じり気のない状態をいい、
なままめの「なま」は生魚や生野菜の「なま」で、加熱をしていない状態を指します。
したがって、コーヒーの場合は「なままめ」と呼ぶのが正しいとされています。


生豆サイズ(スクリーンサイズ)

スクリーンと同義です。
一般的なフラットビーン(平豆)はスクリーン14~18くらいです。


ニュークロップ

当年もののコーヒー豆、新豆のことです。
含水量が多く、おおむね濃い緑色をしています。
コーヒーの構成成分も豊富で、味や香りの個性がハッキリ出ます。
欧米では「New Crop Only」といって、当年ものだけで作ったコーヒーを最高としています。


ネルドリップ

ネルとは、手触りが柔らかく起毛している織物、“フランネル”のことです。
このネルで作られた布製フィルターを使う抽出方法をネルドリップと言います。
コーヒーの微粒子がフィルター内に留まるので、舌触りの滑らかなコーヒーになると言われています。
ネルドリップとペーパードリップとの違いは、蒸らしのときにコーヒー粉がドリッパーで押さえられない分、
充分に膨らむことができるので、より旨み成分を存分に引き出すことができ、
キメの細やかなネルを通してゆっくりと濾過されたコーヒーは、
豆本来の持つ酸味、渋味、苦味、コクが失われないというところです。


ノック・ボックス

エスプレッソコーヒーのかすをポルタフィルターからたたき出して捨てる箱です。
knock out boxともいいます。