パーチメント

コーヒーの内果皮のことで、果肉とシルバースキン(銀皮)との間にある茶褐色の薄皮のことです。
パーチメントが付いたままのコーヒーをパーチメントコーヒーといいます。
風味劣化が少ないため、産地の多くでは、パーチメントコーヒーの状態で取引され、貯蔵されます。


バランス

カッピングの際、フレーバーやアフターテイスト、アシディティ、ボディといったさまざまな側面がどのように調和し、
どのように補完または対照し合うか、その態様がバランスといわれるものです。


バリスタ

バールのカウンターに立ち、お客からの注文を受けてエスプレッソをはじめとするコーヒーを淹れる職業、およびその職業についている人物をいいます。
イタリアのバールには喫茶店やカフェとしての特徴があり、バーのバーテンダーがもっぱら酒類を扱うのに対し、
バールで働くバリスタはノン・アルコールの飲料、とりわけコーヒーに関する知識と技術をもちます。


パルパー

コーヒーの果肉を除去し、パーチメントにする機械です。
果肉除去後、天日で乾燥させるとパルプドナチュラル、水槽に漬けるとウォッシュトの工程になります。
遠心力などの機械でミューシレージを取り除く場合は、セミウォッシュトとなります。


ハンドピック

生豆の最終選別方法で、異物や欠点豆を人の手で取り除くことです。
高級品は機械選別の後に、ハンドピックを行いますが、人件費の安いスマトラのマンデリンなどは、
機械選別より人の手に頼る場合が多いです。


漂白

ペーパーフィルターをナチュラルな木材のブラウンから、きれいな白の商品に漂白します。


ピーベリー

コーヒーの種子は、チェリーの中に向き合って二つあります。
これをフラットビーンズといいますが、豆の片方のみが生育し、丸く一粒のみ生育したものをピーベリー(丸豆)と呼びます。
小粒で少ないですが、ハワイのピーベリーなどは珍重されます。またケニアなども一般的に流通しています。


微粉

豆をミルで挽くと微粉がでることがあります。
すりつぶすように粉砕する挽き臼タイプの歯は細かくすると微粉が出やすいです。
歯で切るように粉砕するカット歯は微粉が出にくいですが、粗挽きはばらつきやすいです。
微粉は液体を濁らせ、香味に影響するため、少ないほうが良いです。


フェアトレード(Fair Trade)

北半球の豊かな消費国が南半球の貧しい生産国に対して、ただ資金援助をするのではなく、適正な価格で商品を
取引し、貧しい生産国の持続的な生活向上を目指す消費者運動です。
コーヒーや紅茶、ココア、バナナ、砂糖といった農産物が対象となっており、1960年代からヨーロッパを中心に始まり、
国際的なネットワーク組織にまで広がっています。


フラットビーン

平豆。ふつうのコーヒー豆のことで、果実中に向かい合わせで2つ入っていて、相接する面が平らなことから、
平豆と呼びます。
丸豆(ピーベリー)と対比されます。