アイリッシュコーヒー

ウイスキーをベースとするカクテルのことです。
コーヒー、砂糖、生クリームの入った甘めのホットドリンクです。


アグトロン(Agtron)

アメリカで用いられる焙煎度の指標です。
最も浅煎りの#100から最も深煎りの#25まであり、「焙煎度はアグトロン50前後で」というように数値で表示します。


アサラン

スマトラのマンデリンの生乾きの生豆の呼び方です。
パーチメントを一日乾燥させ、水分値の高い状態で脱穀したものです。
マンデリンはこのアサランを天日で乾燥させるため、独特の風味ができます。


アシディティ

カッピングの際の、酸の強さと質、さわやかさなどの評価です。
好ましい時には「ブライトネス(明るさ)」と表現され、好ましくない時は「サワー(すっぱい)」と表現されることが多いです。


アフターテイスト

カッピングの際、コーヒーを飲みこんだ(カッピングの場合は吐き出した)後、口に残る香味をいいます。
長く、甘く、余韻が残るほど、点数が高くなっていき、逆に、苦味・渋みなどの印象が飲み込んだ後に残っていると、点数は低くなります。


アフリカンヘッド

パーチメントはビニールシート、コンクリート、レンガなどの上でかくはんしながら乾燥させますが、
南アフリカなどではコンクリートの乾燥場がないため、網を張った柵を作り、その上で乾燥させます。
通気性がよく、ブラジルの一部でも行われており、ウィンドドライとも呼ばれています。


アラビカ種

ロブスタ種(正しくはカネフォーラ種)、リベリカ種と並ぶコーヒーの三大原種の一つです。
原産地はエチオピアで、三原種の中では品質が一番良いとされる。主に高原で栽培されています。


アロマ

注湯したときのコーヒーの香りをいいます。
注湯前は、フレグランスといいます。


アンウォッシュト・コーヒー

非水洗式コーヒーのことです。
ナチュラル、自然乾燥式ともいいます。


イエローブルボン種

ブルボン種のチェリーは赤く完熟するのが一般的ですが、一部黄色に完熟するものもあります。
最近のブラジルでは、この品種を植えることが多いです。