ハンドピック

生豆の最終選別方法で、異物や欠点豆を人の手で取り除くことです。
高級品は機械選別の後に、ハンドピックを行いますが、人件費の安いスマトラのマンデリンなどは、
機械選別より人の手に頼る場合が多いです。


漂白

ペーパーフィルターをナチュラルな木材のブラウンから、きれいな白の商品に漂白します。


ピーベリー

コーヒーの種子は、チェリーの中に向き合って二つあります。
これをフラットビーンズといいますが、豆の片方のみが生育し、丸く一粒のみ生育したものをピーベリー(丸豆)と呼びます。
小粒で少ないですが、ハワイのピーベリーなどは珍重されます。またケニアなども一般的に流通しています。


微粉

豆をミルで挽くと微粉がでることがあります。
すりつぶすように粉砕する挽き臼タイプの歯は細かくすると微粉が出やすいです。
歯で切るように粉砕するカット歯は微粉が出にくいですが、粗挽きはばらつきやすいです。
微粉は液体を濁らせ、香味に影響するため、少ないほうが良いです。


フェアトレード(Fair Trade)

北半球の豊かな消費国が南半球の貧しい生産国に対して、ただ資金援助をするのではなく、適正な価格で商品を
取引し、貧しい生産国の持続的な生活向上を目指す消費者運動です。
コーヒーや紅茶、ココア、バナナ、砂糖といった農産物が対象となっており、1960年代からヨーロッパを中心に始まり、
国際的なネットワーク組織にまで広がっています。


フラットビーン

平豆。ふつうのコーヒー豆のことで、果実中に向かい合わせで2つ入っていて、相接する面が平らなことから、
平豆と呼びます。
丸豆(ピーベリー)と対比されます。


フレーバー

コーヒーの主要なキャラクターであり、最初のアロマとアシディティによって与えられる第一印象と、
最後のアフターテイストとに挟まれた「中間領域」的特徴を表します。
味覚的感覚と口から鼻に抜けるアロマの全てが複合した印象をいいます。


フレグランス

注湯していない段階のコーヒー粉の香りをいいます。
注湯後は、アロマといいます。


ブロッサムシャワー

熱帯には雨季と乾季があり、雨季に入る前触れとして降る雨のことをいいます。
この雨の刺激により、コーヒーの花が一斉に開花します。
雨が不規則な場合は、開花も不規則になります。


ベトナムコーヒー

コーヒーの淹れ方の一種で、ベトナムで一般的な飲み方です。
深めに煎った豆を、フランス式のフィルターで抽出し、加糖練乳を加えて飲む事が一般的で、濃厚な味わいがあります。